ヴェルナー・パントン (Verner Panton)

ヴェルナー・パントン (Verner Panton)

 

ヴェルナー・パントン (Verner Panton)

ヴェルナー・パントン (Verner Panton) (1926年2月13日〜9月5日1998年)は、デンマークで最も影響力のある20世紀の家具とインテリアデザイナーの一人と考えられています。彼は様々な素材、特にプラスチック、活気あるエキゾチックな色彩で革新的で未来的なデザインを生み出しました。
彼のスタイルは “1960年代”でしたが、レトロフューチャーが注目され始めた20世紀末に人気を得ました。
Pantonは、1960年代の「宇宙時代」を反映した、洗練された新しいスタイルの開発に貢献し、特にPanton Chairは、滑らかで曲線的であると見なされました。それが1967年にデンマークのデザイン誌Mobiliaで発表されたとき、それは一大センセーションを巻き起こしたのです。
1970年には、英国のファッション雑誌Novaに、「あなたの夫の前で服を脱ぐ方法」を示す一連の写真が掲載されました。おそらく、この椅子の最も有名な写真は、ヴォーグの英国版の表紙に登場した1995年1月号でした。

ヴェルナー・パントン (Verner Panton)

生い立ち

Pantonはデンマークのオーデンセと言うデンマークで3番目に大きな都市のアーティストでした。
彼はコペンハーゲンのデンマーク王立美術院で建築を学び、1951年に卒業しています。

彼は1950-1952年の最初の2年間、デンマークの建築家で家具デザイナーのアルネ・ヤコブセンの建築家として活躍していました。その後、彼は自身を “Enfant terrible”と判断し、デザイン建築事務所を始めました。

彼は、折り畳み式の家(1955)、Cardboard HouseとPlastic House(1960)などの革新的な建築提案でよく知られていました。 1950年代の終わり近くに、彼の椅子のデザインは、足や認識がなく、はるかに独創的なものになったのでした。 1960年、パントンは最初のシングルフォーム射出成形プラスチック製の椅子のデザイナーでした。スタッキング・チェアーやSチェアーは、人間の身体要件、舌に触発されたオーガニック・シェイプの結果として、最も有名で大量生産されたデザインになりました。

Enfant trribleとは
フランスの伝統的に親や他の人に恥ずかしいことを言って恐ろしいほど幼い子供を指しています。 しかし、芸術、ファッション、音楽、およびその他の創造的な芸術のキャリアでは、それは非常に非正統的であり、場合によっては攻撃的で反抗的である成功した「天才」を意味するそうです。

 

代表作

フラワーポット (FlowerPod)

 

 

 

 

グローブランプ (Verner Panton)

 

 

 

 

パントンチェア (Panton Chair)